殺菌酵素セーブフィルタ

  • 殺菌酵素フィルタ
  • 超高性能フィルタ
  • 多風量型HEPAフィルタ
多風量型HEPA
殺菌酵素セーブフィルタ
効率

0.3μm 99.97%以上(計数法)

特徴

フィルタ繊維に固定化された天然の溶菌酵素により、フィルタに付着した細菌の細胞膜を溶解し死滅させます。抗菌作用において、酵素自体は消費されないため長期間にわたりその効果を持続できます。また、天然の酵素を使用しておりますので、高い安全性がありますが、財団法人食品薬品安全センターで毒性に関する安全性の確認をしております。標準HEPAフィルタに比べて多くの風量が処理できる設計になっていますので、省スペースで同等の風量を処理できます。このフィルタの前段で当社の殺菌酵素中性能フィルタを使用する事で、クリーンルーム内へのより大きな抗菌効果が期待できます。

用途

病院手術室製薬工場食品工場研究機関クリーン機器

標準仕様

型式 定格風量
[CMM]
外形寸法[㎜] 圧力損失[Pa] A型重量
[kg]
高さ 横幅 奥行 初期 最終
EMS-17 -75※-※
17.0 610 610 75 249 498 4.0
EMS-35 -75※-※
35.0 610 1220 75 249 498 8.0
EMS-27 -Ⅲ※-※ 27.0 610 610 150 249 498 9.0
EMS-55 -Ⅲ※-※ 55.0 610 1220 150 249 498 17.0
超多風量型
EMSL-15H -Ⅲ※-※ 15.0 610 305 150 249 498 5.0
EMSL-32 -Ⅲ※-※ 32.0 610 610 150 249 498 9.0
EMSL-23H -Ⅳ※-B 23.7 610 305 290 249 498 8.5
EMSL-50 -Ⅳ※-B 50.0 610 610 290 249 498 15.0

※薄型は奥行80㎜も対応可能です。

圧力損失特性
殺菌酵素セーブフィルタ圧力損失特性グラフ
製作可能寸法
高さ 150mm~760mm
横幅 150mm~1500mm
奥行 75mm~290mm
型式の仕組み
殺菌酵素セーブフィルタ型式の仕組み

製品仕様

材質記号 外枠 無印 S E U
セパレーター A B B B A B B
材質 外枠 合板 難燃合板 鋼板 アルミニウム ステンレス
セパレーター アルミニウム アルミニウム
濾材 グラスファイバー紙
シール剤 特殊接着剤(ウレタン樹脂)
最高使用温度(℃) 80 80 120 80 80 80 80
最高使用湿度(%RH) 85 95 95 95 85 95 95

※耐熱仕様(250℃まで対応)可能なセーブフィルタは、詳しくはコチラ。